出産時の陣痛の乗り切り方

出産時の陣痛の乗り切り方

妊娠すると幸せに感じることがたくさんありますが、お腹が大きくなるにつれて体がつらかったり、色々なところが痛くなったりすることも増えてきます。
その中でも最も大きい痛みは出産直前にやってくる陣痛ではないでしょうか。
強い生理痛が何時間も続くという表現が近いかと思いますが、痛みの間隔が短くいつまで続くかわからないことと、痛みどめなどを飲むことができないのがつらいところです。
そんな陣痛をいかに乗り越え出産をスムーズに乗り越えるか、マタニティ雑誌や口コミで色々な方法が紹介されていますが、私が産院で紹介された方法をご紹介します。
それは陣痛が来たら立った姿勢のまま腰をぐるぐると回すというものです。もちろん、倒れたりすると危ないので壁などに手をついて体を固定してください。
この方法は陣痛の痛みを紛らわせることができるのと、おなかの中の赤ちゃんが下に降りてくるのを助けてくれるそうで、出産がスムーズに進むそうです。
実際1人目の出産のときは陣痛が来て入院してからずっとベッドの上にいたのですが、2人目の時はこの方法を思い出してあまり横にならず腰を動かすようにしていたところ、出産時間は10時間以上も短縮されましたし、陣痛の痛みもそれほどひどくなりませんでした。
これから出産を控えている方は一度試してみることをお勧めします。
おしゃれな母子手帳ケース大集合!